fc2ブログ
  • ヴェルディ:歌劇「椿姫(ラ・トラヴィアータ)」
    コンサートの感想は、その演奏会に足を運んだ人としか共有できないので、なるべく書かないようにしているのですが、これは衝撃的でした。東京芸術劇場シアターオペラvol.13 全国共同制作オペラヴェルディ:歌劇「ラ・トラヴィアータ(椿姫)」全幕2020年02月22日 (土)14:00 開演東京芸術劇場コンサートホール指揮:ヘンリク・シェーファー演出・振付:矢内原美邦管弦楽:読売日本交響楽団合唱:新国立劇場合唱団ヴィオレッタ:エカ... 続きを読む
  • 名盤 プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」
    ホッホドラマティッシャー・ソプラノとはどんなソプラノかというと、ワーグナーのオペラではゼンタ、オルトルート、イゾルデ、ブリュンヒルデ、クンドリーで、リヒャルト・シュトラウスではエレクトラ、プッチーニではトゥーランドットといった役が当てはまるそうです。以下、Wikipediaより。トゥーランドット題名役のトゥーランドットには、分厚い管弦楽の響きや合唱をも圧するような超人的な高音域を長時間にわたって歌い続ける... 続きを読む
  • 名盤 ワーグナー:舞台神聖祝典劇「パルジファル」
    ワーグナー最後のオペラ「パルジファル」です。「パルジファル」は、1882年1月13日に総譜が完成し、1882年7月26日にバイロイト祝祭劇場で初演されました。「歌劇」でも「楽劇」でもなく「舞台神聖祝典劇」なのだそうです。ワーグナーの作品の中でどれが一番好きかと問われたら、「パルジファル」と答えるかもしれません。それぐらい好きだから、記事を書けると思ったのですが、聴いている途中からよくわからなくなってしまいました... 続きを読む
  • 名盤 ワーグナー:楽劇「神々の黄昏」
    大人の事情で、リヒャルト・ワーグナー 楽劇 「ジークフリート」は省略させていただきます。今回は「ニュルンベルクのマイスタージンガー」並みに長い、4時間20分を要する「神々の黄昏」です。とにかくこれで楽劇「ニーベルングの指環」は終了です。リヒャルト・ワーグナー楽劇「神々の黄昏」Götterdämmerungワーグナー:神々の黄昏ハンス・クナッパーツブッシュバイロイト祝祭劇場管弦楽団バイロイト祝祭劇場合唱団(合唱指揮:... 続きを読む
  • 名盤 ワーグナー:楽劇「ニュルベルクのマイスタージンガー」
    「トリスタンとイゾルデ」が4時間弱で演奏時間が長いと書きましたが、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は4時間20分です(!)。休憩時間も入れると、どのくらいの上演時間になるのでしょう。最初に登場人物をまとめておきます。大勢います。感想文より演奏者の紹介のほうが長いです。リヒャルト・ワーグナー楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」Die Meistersinger von Nürnbergハンス・ザックス(靴屋):バスヴァル... 続きを読む