fc2ブログ
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第7番【65】 マタチッチ
    月曜日に新型コロナウィルスワクチンの2回目の接種があったのですが、高熱こそ出なかったのものの、左肩は痛いわ、強い寒気がするわで一日中調子が悪かった火曜日でした。仕事を休めばよかったです。帰りの電車ではアガサ・クリスティの「ABC殺人事件」を読む気力もなく、ハイドンの交響曲に癒やされていました。ブルックナー:交響曲第7番第2楽章チェコ・フィルハーモニー管弦楽団ロヴロ・フォン・マタチッチ(指揮)Lovro von Ma... 続きを読む
  • 名盤 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲【29】ワイラースタイン
    最終回です。第1楽章だけ聴いてこれはダメだと思い、感想を書かなかった演奏もいくつかあるのですが、名盤と言われる録音は網羅できたと自負しています。これ以上この曲を聴き続けるのはちょっと……、というところまで来ていましたが、なんとか終了にこぎつけることができて良かったです。ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調アリサ・ワイラースタイン(チェロ)Alisa Weilersteinチェコ・フィルハーモニー管弦楽団イエジ・ビエロ... 続きを読む
  • 名盤 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲【25】ロストロポーヴィチ(52)
    記事がマニアック過ぎる、そろそろ次の曲に切り替えたらどうだ?とのご意見を賜っておりますが、もうちょっとで終わります。やっとロストロポーヴィチにたどり着きました。ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)Mstislav Rostropovichチェコ・フィルハーモニー管弦楽団ヴァーツラフ・ターリヒ(指揮)1952年6月16-18日プラハ,ルドルフィヌム・スタジオこの曲は、ロストロポーヴィチが... 続きを読む
  • 名盤 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲【15】フッフロ(75)、フッフロ(65?)
    ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調ヨゼフ・フッフロ(チェロ)Josef Chuchroチェコ・フィルハーモニー管弦楽団ヴァーツラフ・ノイマン(指揮)1975年10月13・14日・1976年2月9・10日プラハ,ルドルフィヌムヨゼフ・フッフロ(1931-2009)はチェコのプラハ生まれ。国内外の多くのコンクールで優勝・入賞、ソリストとしての他、スーク・トリオのメンバーとしても活動しました。フッフロ&ノイマン/チェコ・フィルは、私が初めて聴... 続きを読む
  • 名盤 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲【10】タウアー
    ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調アニア・タウアー(チェロ)Anja Thauerチェコ・フィルハーモニー管弦楽団ズデニェク・マーツァル(指揮)1968年3月28・29日ハンブルクアニア・タウアー(1945年-1973年)は、ドイツのチェロ奏者。1945年、リューベックに生まれる。ニュルンベルク音楽院でチェロを学び、12歳で母のピアノ伴奏で初舞台を踏む。13歳の時にバーデン=バーデンでオーケストラと初共演を果たした。14歳の時にシュト... 続きを読む
  • 名盤 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲【09】サードロ
    ミロシュ・サードロ(チェロ)Milos Sádloチェコ・フィルハーモニー管弦楽団ヴァーツラフ・ノイマン(指揮)1976年10月4-5日プラハ,ルドルフィヌム,ドヴォルザーク・ホールミロシュ・サードロ(1912年-2003年)はチェコ出身のチェリスト。本名は「ミロスラフ・ザートヴルスキー」(ウィキペディアより)チェコの独奏者と指揮者とオーケストラということで期待の一枚です。それにしてもノイマン/チェコ・フィルは多いですね。今... 続きを読む
  • 名盤 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲【04】カザルス(37)
    ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調パブロ・カザルス(チェロ)Pablo Casalsチェコ・フィルハーモニー管弦楽団ジョージ・セル(指揮)1937年4月28日プラハレコード芸術の「新時代の名曲名盤500」では、シュナイダー指揮の1960年ライヴがあがっているのですが、それは音源が入手できなかったので、こちらを聴くことにします。カザルスは1876年生まれなので、このすごく古い録音でも既に61歳なのですね。第1楽章テンポは総じて速め... 続きを読む
  • 名盤 ドヴォルザーク:チェロ協奏曲【02】ウェッバー
    ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調ジュリアン・ロイド・ウェッバー(チェロ)Julian Lloyd Webberチェコ・フィルハーモニー管弦楽団ヴァーツラフ・ノイマン(指揮)1988年9月20-27日プラハ,ルドルフィヌム「ジーザス・クライスト・スーパースター」「エビータ」「キャッツ」「オペラ座の怪人」「サンセット大通り」等のミュージカルの作曲家として有名なアンドリュー・ロイド・ウェバー(1948年- )の弟であるジュリアン・ロイ... 続きを読む
  • 名盤 ブルックナー:交響曲第5番終楽章【25】マタチッチ(70)、マタチッチ(79L)
    ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調(マタチッチ改訂版?)チェコ・フィルハーモニー管弦楽団ロヴロ・フォン・マタチッチ(指揮)Lovro von Matacic1970年11月2-6日プラハ,ルドルフィヌムついにここまで来ました。マタチッチの登場です!第1楽章の序奏の再現は巨人の歩みにずっしりとしています。打って変わってクラリネットの主題動機は明るく弾んでいます。第1楽章第1主題の回想は管楽器の音が大きい録音バランス。第2楽章第1主... 続きを読む